シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
名前
名 前
 私は毎土曜日に、高野教会でキリスト教入門講座をしています。ひとりの小学1年生の男の子もお母さんといっしょに来て、クラスはいつも楽しい笑いにつつまれ、男の子の、むじゃきで素直な一言が、私たちを感動させ、より深い気づきへと導いてくれたりするのです。
  先日、彼はマイクのついたマクドナルドの赤帽をかぶってやってきたので、私はもってきた短い棒状のお菓子と、参加者の一人がもってきた小さな六角形のビスケットを配ってもらうことにしましました。自分の前におかれた懐紙にようじんぶかくお菓子をくばりながら、彼は「ハンバーガーとフライドポテトだよ」と言いました。彼は私たちにじゃんけんをさせて、勝った順から、お菓子の山を1つずつ取らせ、また、私たちの胸にティシュペーパーのナプキンまでつけてくれたので、私たちはすっかりマクドナルドのお店にいる気分になりました。そして、「店長さん、上手に配れたね。」「店長さん、すごいね。」と、ほめていました。すると、彼はふと、「その名前で呼ばないで。いつもの名前で呼んで。」と、いったのです。
  パパとママが、心をこめて名づけ、いつも呼んでくれる名前が、自分自身だと彼は直感しているのでしょう。イエスの復活の朝はやく、お墓についたマリア・マグダレナは、イエスから自分の名前で呼ばれて初めて、復活なさったイエスに気づくことができました。思えば、私たちは一人ひとりを慈しんでくださる神から自分の名前で呼ばれながら、自分自身へと変えられていっているのではないでしょうか。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)
希望
希 望
  昨日、歯医者さんに行くと、乳母車の赤ちゃんが待合室にいて、じっと私をみつめました。「10か月なんです」と、若いお母さんがやさしく微笑みながら言いました。
  診察台によこになって治療をうけながら、歯科医院には不似合いな赤ちゃんの存在が私を微笑ませていました。そして、赤ちゃんのうつくしく澄んだ目が、3月にロサンジェルスから大阪までの飛行機で隣りあわせた一人の女子高校生を思いださせたのでした。
  彼女はアメリカでの高校生ダンス・コンクールで、6年連続の優勝をとげて帰る大阪の商業高校、約30名のグループのメンバーでした。私のかたいペットボトルの栓をあけてくれるなど、心遣いをしてくれながら、とぎれとぎれに自分のことを話してくれました。外国の高校生はプロポーションがきれいだと思ったこと、構成も振り付けも音楽も自分たちでやったこと、オーディオ担当の仲間のすばらしい技術、高3になるのでクラブのメンバーを辞める寂しさ、将来の夢。私は彼女の話を聞きながら、協力して全力をつくす人たちの美しさ、全ての体験は無駄にはならないこと、「他の人への最善の贈り物はよい思い出だ」というフランスの哲学者マルセルの言葉、心に抱いている望みはやがてよい形で実現してゆくこと、などを話したのでした。
  車いすの私がこの高校生たちのそばを通るとき、彼女は明るくかがやく目で私に挨拶を送ってくれました。私は彼女といっしょに将来への希望を共有しているように感じたのでした。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)
京の和菓子  「 水無月みなづき 」
暑さのせいでしょうか、ふと、京の和菓子「みなづき」が恋しくなりました。

私どもの修道院では食事担当のシスターがいつも季節の諸行事に心を配り、それに合わせて私たちの食卓を豊かに、楽しいものにしてくれています。夕食が始まって間もなく、「みなづき」が話題に上りました。一人のシスターが「6月30日ね」と話題を続け、それをきっかけに季節ごとの食文化へと話がどんどん広がってゆきました。

京都に住んで初めてみなづきに出会った時の驚きを忘れられません。お客様が来られた時、ガラスに盛られた「みなづき」は見た目に上品で美しく、白磁の茶碗に注がれたグリーンの茶とみなづきの抑えられた味は絶妙でした。さすが京都と感心しながら味わったものです。

この「みなづき」はその昔、貴族たちが暑さを凌ごうとして氷室から氷を取り寄せ、それを口にしていたようです。しかし、庶民の手に高価な氷は届くはずもありません。それでも彼らは涼しさを求め、氷になぞらえた和菓子を作りだしました。それが「みなづき」なのだと古参のシスターが教えてくれました。

みなづきは外郎(ういろう)の上に甘く煮た小豆を盛り付けたものです。人々は三角形に切った外郎(ういろう)を氷と見立てたのです。庶民の生活を振り返って見ますと、彼らなりの楽しみ方が多々あり、知恵に満ちていて、逞しさや遊び心が伝わってくるようです。また、その昔、小豆の赤は悪魔祓い、厄除けの意味を表現していたのです。残された半年を患うことなく元気に過ごせますようにとの庶民のささやかな願いと祈りが込められているみなづきに感謝!

「みなづき」の話に夢中になっている間に、夕食の時間はほぼ終わりに近づきました。食事担当のシスター、いつもおいしい食事を感謝します。みなづきを楽しみにしています。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
紫陽花との出会い
多感な高校生の頃、紫陽花(あじさい)との出会いに何故か心がときめきました。

梅雨に入って間もない土曜日の昼下がり、友人宅に遊びに行きました。しゃれた玄関脇の中庭に無造作に咲いている紫陽花が心地良さそうに雨露に濡れています。あの風情は今も私をはっとさせるほど幻想的で、青・紫・白そしてピンクと多彩な紫陽花が陽光を浴び、幾重にも色を変えていくのです。その姿はまさに青と紫の競演とでも言えそうでした。この紫陽花が私を夢の世界へと導いてくれ、雨多い6月を好きな季節へと変えてくれたのでした。

紫陽花は好きな花のひとつではありましたが、外観の楚々とした佇まいだけを味わい、原産地やその性質・種類等の知識は皆無でした。最近読んだ紫陽花についての説明によりますと、日本の紫陽花は土壌が弱酸性であるため、青や青紫色になることが多いということ、一方、ヨーロッパなどでは雨が少なく土壌がアルカリ性のため、濃いピンクになるということです。

自分の行動範囲が広くなるにつれ、多種多様な紫陽花との出会いも多くなり、この花がますます好きになりました。この紫陽花が私に大切な一つのことを気づかせてくれました。それは、日常生活の中で案外知っているつもりで知らないこと、事物や自然、そして最も大切な人との関係さえ、充分、向き合っていなっかたということです。

「紫陽花さん、いろいろ気づかせてくれて有難う!」
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
愛は一つ
愛は一つ
  3月20日、乗りつぎの飛行機をのがしてしまった私は、東海岸の州にあるシャーロット空港まわりでセントルイスへ行くことになり、別のゲートにうつり、搭乗までさらに5時間まつことになりました。人のまばらな新しいゲートの私のまえの椅子に、中国人らしい中年の女性がいて、私の国籍をききたそうです。「Japanese」というと、すこし残念そうでしたが、人差し指と親指のあいだをせまくして「English, little」といいながらも、自分のとなりの椅子の方が座りやすいから移るほうがよいとわからせてくれました。
  親せきや友人との会話をスマートホーンでたのしんでいた彼女が私に、「夕食をたべたか」とたずねます。まだだというと、「どこでたべるか」とたずねます。私は「ここで」といいました。「チキンをたべますか」「ヌードゥルはどうですか」というので、私は「いいですね」答えました。どこかへ行った彼女は、帰ってきて、自分のスーツケースを私の隣の空いた椅子にねかせ、紙ナプキンをしき、チキンとヌードゥルにナイフとフォークをそえ、飲みものもおきました。自分は満腹だからと、またスマートホーンでの会話にもどった彼女のそばで、私は彼女の心づくしの夕食をおいしくいただき、車いすへのチップのための両替までしてもらったのです。
  「あなたは私のお母さんのようです」と私がいうと、「あなたが私のお母さんです」と彼女は答えました。愛には仕切りはない。愛は一つなのだと私は悟らせていただいたのです。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)