シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
新しい日常を創り出そう!
お久しぶりです。3.11以来、世界がすっかり変わってしまいましたね。少し長いですが、今の私の思いを聴いて下さい。

         *************************

東日本大震災から1ヶ月余りのころ、ある新聞のコラムでこんな記事を目にして驚いた。「…震災から1ヶ月、社会の自粛ムードによる景気の低迷やその復興への悪影響が経済界で懸念され、政府も『過度の自粛ムードにおちいらないように』と呼びかける仕儀となった。…『震災に負けるな』はすでに全力で闘う被災地への言葉にふさわしくない。震災が奪った日常を取り戻そうとする全国の人々への激励と考えたい。」

3月11日、突然の地震と津波が3万人に及ぶ人々のいのちを一挙に飲み込み、15万人を超える人々の家と生活基盤を根こそぎ奪い去った。そして、まさかの原発事故が追い打ちをかけている。日常を取り戻すことは決してできない。今、私たちがしなければならないことは全く新しい日常を創りだすことではないか。

「新しい日常を創り出す」。理念を語ることはできる。常々考え、口にもしてきたことだ。今肝心なのは、それを自分自身の「日常」にすることである。もし、これが大震災と津波だけであれば、被害がいかに甚大でも、被害の非当事者はどこまで行っても当事者を「できる限り支援する」立場にしか立ち得ない。しかし、福島原発事故は、否が応でも日本に住む我々全てを当事者にした。「2030年までに原発14基を新設し、電源の半分近くを原子力でまかなう」という政府のエネルギー基本政策は見直さざるを得ない。見直してもらわないと困る。しかも方向転換は待ったなしだ。夏の電力需要ピーク時をどう乗り切るかの課題が目前に迫っている。政策決定者には立場の違いを超えて早急に舵を切り直し、具体的に動き出すことを求めたい。

日本もその一部である先進諸国は、これまでひたすらエネルギー消費を増大させることで経済成長を追求してきた。今日の日本経済は、1950年当時の約11倍ものエネルギー消費の上に成り立っているのだそうだ。個人も便利で快適な今の生活を手放し難い。企業の生産活動も然りである。しかし、原発の安全神話が崩れた今、新たに創り出そうとする日常は、低エネルギーで発展可能な社会に基盤を置く以外にはないだろう。

政策決定者に方向転換を迫ると同時に、まずは自分自身である。ささやかな日常に、ものを手に入れたり消費したりするとき、「これは本当に必要か。」と自分に問い続けなければならない。「なくても済むのに、あれば便利」という物や機会に囲まれて生きている自分は、周囲の人々や自然、世界の人々や地球環境からなくてはならないものを奪って、快適な生活を確保しているのではないか。

ヨハネの黙示録にこのような箇所がある。「…見よ、あらゆる国民、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった、誰にも数えきれないほどの大群衆が、白い衣を身につけ、手にナツメヤシの枝を持ち、…彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである。それゆえ、…彼らはもはや飢えることも渇くこともなく、太陽も、どのような暑さも、彼らを襲うことはない。玉座の中央におられる小羊が彼らの牧者となり、命の泉へ導き、神が彼らの目から涙をことごとくぬぐわれるからである。」(7:9~17) 地震と津波で命を落とされた方々、原発事故修復に命をかけた方々は間違いなくこの≪大きな苦難を通って来た人々≫の中におられる。≪神が彼らの目から涙をことごとくぬぐわれる。≫と書かれているが、私たちがこれから末永く共に幸せに生きて行かれる「新しい日常」を生き始めるのを見届けた時、初めて彼らの涙はぬぐわれるのであろう。私たちがこの大惨事の意味を正しく把握し、「新しい日常」を創り出すことができるよう、神に助けを願おう。
シスタージュディス鎌田 : comments (x) : trackback (x)
クリスマスの意味
 97歳の母に先月9人目の曾孫が生まれました。男の子です。名前は菊実君。同じ家に住んでいるので、食事の度に顔を合わせます。初めは誰かに抱かれている菊実君をあやしたり、頭を撫でて楽しんでいましたが、今では自分の膝に載せて大満足。母は菊実君が来てからすっかり元気になりました。最近は耳が遠くなって電話に出るのもおっくうだった母ですが、自分から電話に出るようにもなりました。週2回通っているデイサービスのスタッフの方に『鎌田さん、何かいいことがあったのですか。この頃とてもお元気ですね。』と言われたそうです。

 生まれてから1ヶ月余り、菊実君はひたすら愛され、世話を受け、泣いて、笑って、お乳を飲んで眠る日々のようでしたが、実は「人を元気づける」という大きな仕事をしていたのです。赤ちゃんには存在するだけで人を元気にする不思議な力があるようです。

 もうすぐクリスマスです。異民族支配に苦しんでいたユダヤ教徒が永年待ち焦がれた救い主(メシア)到来の日ですが、メシアはスーパーマンとしてユダヤ人を苦しめる異民族を征伐したわけではありません。メシアは赤ちゃんとして生まれました。王子として王宮に生まれたのでもなく、庶民の子として、しかも出産環境としては最悪の馬小屋で生まれたのです。キリストの誕生が2千年前のユダヤ教徒だけでなく、今も世界中で祝われるわけがここにあるのでしょうか。

 「愛され、世話を受けることが人に喜びと元気を与える。」今年のクリスマスも、世界中の、特に喜びと元気をなくしている人々にとってそのような体験の機会となりますように。

 クリスマス、新年おめでとうございます!
シスタージュディス鎌田 : comments (x) : trackback (x)
支えられて生きる
 人に会うために出かけた時のことです。バスを降り、横断歩道を渡ろうとすると信号が変わり始めました。急いで斜めに横切ろうとした時何かにつまずいて思いっきり倒れました。額が路面にぶつかった覚えがあります。急いで跳ね起きると、3人ずれの女子高校生が「大丈夫ですか。」と訊ねてくれました。持っていた日傘は折れた骨が傘の布地を突き破って飛び出していましたが、自分自身は骨折もせず、膝をすりむく程度で済んだのです。「何でこんなことに!」と悔しい思いでカンカン照りの中を日傘なしで面会場所に向かいましたが、考えてみればこれはとても幸運なことでした。骨折や脳震盪でも起こしていれば待ち合わせどころではありません。スラックスを穿いていれば膝が破れ、そのままでは到底人にお会いできなかったでしょう。

 面会が終わって帰路に着いた時、ふと見ると日傘の持ち手の皮がめくれ、中の木もえぐられたようになっているのが目に留まりました。日傘を持ったまま転倒したので、手も額もまともには地面についていません。全ての衝撃は日傘が受け止めてくれたのでしょう。私を災難から救ってくれた日傘を感謝の思いで握りしめ、改めて起った出来事の意味を考えました

 「私たちは一瞬、一瞬支えられて生きている。呼吸すること、歩くことすら自分の力ではできない。」頭ではよく知っています。でも、日頃はつい自分で全てをやっているような錯覚に陥っています。今回の出来事は、きっとこの事実を思い出すために与えられた機会だったのでしょう。
シスタージュディス鎌田 : comments (x) : trackback (x)
ムカデの視点
最近こんな気づきを分かち合ってくださった方があってハッとさせられました。
「地を這うムカデ。どこにも飛んで行けない。けれど、きっと地を這うことで発見する何かがあり、それはホンモノのような気がする。いろいろなモノを、あるいは人々を見上げるぐらいの高さで見てみよう。私がこれまで気づかなかった、また、望んだこともない視点かも知れない。でも、これしか現実と向き合う視点はないと気づいた。・・・・・」

<地を這うことで見出すホンモノ>、<見上げる視点>・・・何という気づきでしょう!こんな気づきを独り占めにはできないと、ご本人の承諾を得て「散歩道」でご紹介することにしました。

人の目に留まらないか、見つかれば叩き潰されてしまう「ムカデ」に身を置き換えることは恐ろしいです。でも、そのような位置からしか見えない現実、地を這うことではじめて見出すホンモノがあるのも確かでしょう。ムカデのような<地を這う生き方>、<見上げる視点>に到達するには、私にとっては気が遠くなるほどの長い道のりがあると思います。果たして行き着けるでしょうか。でも考えてみれば、神が人となることは、私がムカデの生き方をすることとは比べることもできない変身です。クリスチャンである私、修道女である私は、気づいたからには「できない」とは言えないはずです。私が心からそれを望むなら、神はいつかそれを現実にしてくださるでしょう。怖いけれどもこの思いを暖めて行きたいと思いました。
シスタージュディス鎌田 : comments (x) : trackback (x)
入国審査でのトラブル
シアトルからアメリカに入国した時のことです。乗り継ぎ便まで1時間ほどしかなかったので、走りに走って入国審査の列に並びました。私の番になって係官が入国の目的を訊ね、「あなたは米国のビサを持っている。今回の訪問は短いがこのビサを使うのか。」言われたと、思いました。私は「このビサは昨年7ヶ月滞在した時に発給されたもので今回は必ずしも必要ではない。」と答えました。これが全てのトラブルの始まりだったのです。「ではエスタを持っているか。」とか何とか聞かれ、問いと答えが噛み合わないうちに「トラブルセンター」に送りこまれてしまいました。「そこに座って待て。」と言われ、怒り心頭の私は、「私は有効なパスポートを持っている。ビサも有効だ。10日間の短い訪問の何が悪い。私は乗り継ぎ便に間に合わなければならない。」とまくし立てました。「乗り継ぎ便に関して我々は関知しない。文句を言えばそれだけプロセスが遅れる。皆忍耐強く待っているのだ。黙って順番を待て。」と言われました。振り返ってみると十数人のアジア、中東、ラテンアメリカからとおぼしき人々があきらめきった顔で静かに座っていました。乗り継ぎ便に間に合いたいという焦りを断念して座った時、係官の大半がラテンアメリカかアジアの出身者だということに気づきました。違いは国家権力の側にいるか無力の側にいるかいうことです。
当然私は乗り継ぎ便を逃し、その日の目的地であったミルウォーキーに到着することなくミネアポリスのモーテルで一夜を明かしました。まだ納得できず腹立たしい思いで一人モーテルの一室で夜を過ごしていた時、あの「トラブルセンター」の光景が甦ってきました。でも、そこにはイエスの姿がありました。イエスはあきらめきった人々の一人として静かに座っておられたのです。あの人々の中には適切なパスポートや帰国のチケットのなかった人もいたかも知れません。有効なパスポートとビサ、帰国のチケットを持っていた私は『自分はこの人々と同じじゃない!』と主張して怒っていたのです。イエスが私なら乗り継ぎ便は即座に放棄し、『無力の側』の人々と共にあることを選ばれたことでしょう。長年イエスについて行きたいと願いながら、今だに「力の側」にいることを当然としている自分自身を再発見する強烈な体験でした。
シスタージュディス鎌田 : comments (x) : trackback (x)