シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
英語との出会い  「卵エピソード 下」
クリストファ・コロンブスは1492年「西回り航路でアメリカを発見」と紹介されています。

中学一年の英語の時間に習った「コロンブスの卵」は今も強烈に私の脳裏に刻み込まれています。英語の授業で“No one can do it”「誰もそれをすることはできません。」のフレーズを教わり、数十年経った今も鮮明に私の記憶の宝庫に収められています。

コロンブスがスペインに戻って祝賀会が開かれた時の光景が思い出されます。一人の貴族が「西へ航海することは誰にでも出来る」と言い、彼の業績を素直に喜べないその貴族のあり方に幼いながらも疑問を感じました。科学技術が十分でなかった当時、大海原を航海する危険性は火を見るより明かです。祝賀会でコロンブスは会衆に向かって質問します。「誰か、この卵を立ててみてください。」一瞬沈黙が走ります。みんな必死に卵を立てようとしますが、結局誰も出来なかったのです。その時の彼の言葉が「No one can do it」だったのです。多感だった私はそれを深く味わい忘れることが出来ませんでした。

幸運にもコロンブスの映画がその頃、上演されていました。この場の雰囲気を中学生の私は好奇の眼で観察していました。「実にえらい!本当にえらい!」と大人たちはどうして言えなかったのでしょうか。コロンブスは卵を取り、やおら「こつこつ」と卵の底をたたきました。卵は立ったのです。誰かがやった後であれば誰でも出来ますが、最初にそれを思いつくのは何と難しいことでしょう。人間の嫉妬心がむき出しになっています。英語を通して私は人生の複雑さを中学生なりに体験し、他者をほめる心の姿勢を持ちたいと思ったものです。幼い頃の記憶は強烈と先人たちは力説しますがそれは本当でした。

神様が私に下さった知的好奇心はいつも、「努力すれば可能となる」という自負心を燃え続けさせました。努力することは工夫にも繋がります。沢山の試行錯誤をしている内にノウハウも生まれます。体験すること、失敗することも人生を歩むプロセスの一つだと思うと楽しみが倍加します。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
英語との出会い 「卵エピソード 上」
グローバル社会では英語が必須だと多くの人は言います。かつて英語を習いたての中学一年生だった私は思春期の真っ只中、誰しも戦後は貧しかったわけですが、リッチに過ごしたいと精神的なかっこ良さを求めていました。

小学校では担任はほとんど女の先生で全教科を習いましたが、中学生になった途端、教科別で異性の先生に英語を習ったのです。毎日のように、体に不似合いな大きなかばんに英語辞書を入れ、少しばかり大人になった気分の私。英語の先生の授業に惹かれ、予習・復習を欠かしませんでした。更に、習いたての英語を現場で応用させたい想いが募っていました。しかし、田舎に外国の方が来ることは夢のまた夢でした。

でも幼い私の夢を天が聞き届けてくれたのでしょうか。英会話の実現を夢見ていた私に幸運が訪れたのです。毎週、日曜ミサに預かる両親と教会に行くのが楽しみでした。沢山の本を借りることも出来たのですから。 聖堂に入った途端、平素とは違った華やかな雰囲気を感じました。オーストラリアから管区長神父様が視察にいらしたのです。ミサに集中するどころか、夢にまで描いた英会話のチャンスが遂に到来したのですから。「神様ごめんなさい。あなたのことを思わないで」と心で詫びながらミサの間中、神父様と英語で話すことばかり考えていたのです。ミサ終了後、早速、両親を神父様のもとに連れてゆきました。「This is my father and my mother……Nice to meet you !」身振り手振りで一気に習いたての英語を話しました。満面の笑顔を見せながら見上げるほどに背の高い神父様がとびきりやさしく頷いてくれたのです。私の英語が通じたのです!ちょっとばかり偉くなったように思いました。祖母がそばで「よくやったね」とささやいてくれました。

さて、中学生活にも慣れてきたとある日曜日、2歳年下の妹と大事にとっておいたお小遣いを使うチャンスがありました。小学生の妹と私は、教養を積み、沢山の素敵な体験をしようと幼いながらも話し合うことがよくありました。

ついに、少しばかり素敵なレストランに二人で入りました。眺めの良い明るい場所に座を決め行儀よくテーブルに着きました。おいしくて安価、しかも豪華であることが私たちのモットーです。私はメニューを見て、横文字の料理、しかもお小遣いの範囲内の「ボイルドエッグ」を指さし、妹も頷いてくれました。胸をときめかせながら待っていると、注文したボイルドエッグを「どうぞ」と言ってウェイトレスが持ってきました。その「ボイルドエッグ」を見た途端、本当に驚きました。時々食べていたあのゆで卵が、かわいい玉子用スタンドに乗せられテーブルに置かれたのです。妹と私は顔を見合わせました。 数十年過ぎた今も、その時の驚きが鮮明に蘇ってくる懐かしい「卵エピソード第一号」です。英語一年生の初体験でした。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
探しもの
今、持ってきた書類が見つからないのです。ハンドバッグに入れたはずの鍵がないのです。そして定期も見つかりません。ちょうど雨が降りそうだったので先ほどバッグに入れておいた雨傘を取り出そうとしましたが見つかりません。玄関と部屋を2・3回往復し、それだけでどっと疲れを感じ、外出するのが億劫になってしまいました。

最近そのようなことが頻繁に起こってきました。 バスの中で一呼吸しながら、ゆっくりハンドバッグの中を探しましたら、その中にみんな入っていたのです。自分勝手に「ない」と思い込み、心の平静さを失っていたため、見えるはずのものが見えなくなっていたのです。

ところで、救いの神秘を祝い、喜びをもって復活節を過ごしていますが、日常的な探し物をしている中でふと、私が本当に探し求めなければならないものは何かに気づかされることがありました。

私はこれまで、一番大切なものを本当に探していただろうか、また、不必要なものに執着し、本質を見極める洞察力を失っているのではないかということです。「あるはず」と断定するのではなく、何を「大切さ」の基準にし、どのような心の姿勢で探しているかと自分に問いかけました。まず、心の平静さを保ちながら、ゆとりをもって物事に臨み、それを複雑にしないことから始めようと思いました。その事柄の渦中にあるときは「探し物自体」が何であるかさえ見えなくなってしまいますから。

聖書は感動的な復活の朝の光景(ヨハネ20章11節〜18節・ルカ24章1節―8節)をわたしたちに告げています。マグダラのマリアと魂の師、イエスとの愛深い出会いです。
週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って友人とともに彼女は墓に急ぎました。見ると石は墓の脇に転がしてあり、中に入ってもイエスの遺体が見つからないのです。心が動揺し、この悲しい事態に対処する判断力がなくなっていました。やがて、庭師と彼女との問答が進行する中でイエスの方から、彼女が理解できる親しいサインを送られます。見えなくなった心の扉にそっと触れてくださる神の優しさに彼女は庭師がイエスだと即座に気づきました。イエスのなさり方の新鮮さと深さやあたたかさがジーンと伝わってきます。次第に自分を取り戻していく彼女に共感をおぼえます。

復活の続唱を反芻しながら、捜し求めるものの本質を見失うことがないよう、日常のできごとに、真摯な姿勢で臨みたいと思いました。

                
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
弁論大会
ずいぶん昔のことになりますが、当時、私が通っていた中学校では弁論大会が流行していました。

恥ずかしがり屋の私は何とかして、それを克服したいとの切実な思いを持っていました。それから解放され、人の前で自由になりたいとの思いでしたが、家族や先生にも言えませんでした。それを克服しなければとの思いは次第に強くなり、自分なりにいくつかの方法を考え出しました。具体的に、人前で朗読すること、英語の暗唱大会や弁論大会の機会を利用したり、クラスの中で、自分の思いを率直に表現するなどといった努力を重ねました。

新しい環境に慣れるに従い、いよいよ行動を起こさなければと自分に言い聞かせたものです。先ずは、公衆の面前に立つことを思いつきました。ちょうど私たちの中学校の掲示板に弁論大会の案内が掲示されました。弁論大会の出場条件として原稿を提出するという難関を突破しなければなりませんでした。弁論大会当日に話す原稿を提出し、それに合格した者だけが、講堂の壇上に立つことができ、弁士として自分の思いを述べることができるのです。毎日遅くまで寝床の中で、構想を練りました。ようやく「余暇の善用」とタイトルを決め、原稿を書き始めました。まるでアナウンサーにでもなった心地で原稿を書いたものです。 原稿を提出し、合否を待ちました。 家族の誰かに知らせるとか相談を持ちかけるでもなく、恥ずかしさを押しての単独行為に出たのです。 中学一年生の私は小さな胸を痛め、今日か明日かと合格通知を手にする機会を待ちました。結果は合格! やったあ! 一人で飛び上がりました。 

早速、練習に取り掛かりその日を迎えました。手に汗する思いでした。当日、私は中学三年生の生徒会会長の弁士ぶりに圧倒されました。彼が強調した赤十字創設者アンリ=デュナン(1828-1910)の生き方や在り方に感動したものです。青春の門口に立ち、正義感にあふれていた当時の若者たち! 人類愛の崇高さを物語った時の先輩の弁士振りは本当に圧巻でした。演台を思いっきり数回たたくのです。 本当に感動しました。 私もここぞと思うところを決め、演台を一度だけたたきました。その時を思い出すごとに可笑しさがこみ上げてきます。

新学年度をスタートした学生に出会うごとに、「ガンバレ」とエールを送りたくなります。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
届いた1通のメール
復活祭も2週目を迎えました。 つい先日、弟から1通のメールを受信しました。

Happy Easter ! ( 主のご復活、おめでとうございます ) の挨拶でした。

私たち家族は毎年、両親や兄弟姉妹へのクリスマス・新年・復活祭の挨拶を欠かすことなく交わしてきました。 両親はこれを家訓として私たちに伝えました。これも家族の絆が保たれるひとつの要因であったかと思われてなりません。 もし、この挨拶が届かなければ、「みんな神の中で生活しているのだろうか、あるいは、彼に、彼女に何かあったのだろうか」と心配するのです。 この伝統は私たち家族の間で今もって綿綿と引き継がれています。 

話しは戻りますが、Happy Easterの メールの中で弟は聖金曜日に教会で体験した感動を分かち合ってくれました。その体験を感動できる彼の感性をうれしく思い、イースターの大きな贈り物として感謝しました。

「聖金曜日、十字架崇拝の時に、ある外国の夫婦がいっしょに十字架に
手を添えて頭を下げていました。美しい姿でした」。

これと類似した光景をこれまで、韓国・ローマ・アメリカそして日本でも数多く見て来ました。 この夫婦と心を合わせ、ともにイエスのご受難を心に刻み、イエスのみ跡を慕いながら、日々直面する大小の聖金曜日に身をかがめて臨めますよう祈りに祈りを重ねます。

自分の季節になると、冬の眠りから目覚め、たった2週間ほどの命をひとすじの気持ちで咲き続ける桜、そして今はその美しさを誇示することなく、青葉の準備にいそしむ桜木と、十字架に手を添え、頭を深々と下げキリストに祈る夫婦の姿が心に残る恵みの春を感謝の心で歌います。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)