シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
探しもの
今、持ってきた書類が見つからないのです。ハンドバッグに入れたはずの鍵がないのです。そして定期も見つかりません。ちょうど雨が降りそうだったので先ほどバッグに入れておいた雨傘を取り出そうとしましたが見つかりません。玄関と部屋を2・3回往復し、それだけでどっと疲れを感じ、外出するのが億劫になってしまいました。

最近そのようなことが頻繁に起こってきました。 バスの中で一呼吸しながら、ゆっくりハンドバッグの中を探しましたら、その中にみんな入っていたのです。自分勝手に「ない」と思い込み、心の平静さを失っていたため、見えるはずのものが見えなくなっていたのです。

ところで、救いの神秘を祝い、喜びをもって復活節を過ごしていますが、日常的な探し物をしている中でふと、私が本当に探し求めなければならないものは何かに気づかされることがありました。

私はこれまで、一番大切なものを本当に探していただろうか、また、不必要なものに執着し、本質を見極める洞察力を失っているのではないかということです。「あるはず」と断定するのではなく、何を「大切さ」の基準にし、どのような心の姿勢で探しているかと自分に問いかけました。まず、心の平静さを保ちながら、ゆとりをもって物事に臨み、それを複雑にしないことから始めようと思いました。その事柄の渦中にあるときは「探し物自体」が何であるかさえ見えなくなってしまいますから。

聖書は感動的な復活の朝の光景(ヨハネ20章11節〜18節・ルカ24章1節―8節)をわたしたちに告げています。マグダラのマリアと魂の師、イエスとの愛深い出会いです。
週の初めの日の明け方早く、準備しておいた香料を持って友人とともに彼女は墓に急ぎました。見ると石は墓の脇に転がしてあり、中に入ってもイエスの遺体が見つからないのです。心が動揺し、この悲しい事態に対処する判断力がなくなっていました。やがて、庭師と彼女との問答が進行する中でイエスの方から、彼女が理解できる親しいサインを送られます。見えなくなった心の扉にそっと触れてくださる神の優しさに彼女は庭師がイエスだと即座に気づきました。イエスのなさり方の新鮮さと深さやあたたかさがジーンと伝わってきます。次第に自分を取り戻していく彼女に共感をおぼえます。

復活の続唱を反芻しながら、捜し求めるものの本質を見失うことがないよう、日常のできごとに、真摯な姿勢で臨みたいと思いました。

                
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
弁論大会
ずいぶん昔のことになりますが、当時、私が通っていた中学校では弁論大会が流行していました。

恥ずかしがり屋の私は何とかして、それを克服したいとの切実な思いを持っていました。それから解放され、人の前で自由になりたいとの思いでしたが、家族や先生にも言えませんでした。それを克服しなければとの思いは次第に強くなり、自分なりにいくつかの方法を考え出しました。具体的に、人前で朗読すること、英語の暗唱大会や弁論大会の機会を利用したり、クラスの中で、自分の思いを率直に表現するなどといった努力を重ねました。

新しい環境に慣れるに従い、いよいよ行動を起こさなければと自分に言い聞かせたものです。先ずは、公衆の面前に立つことを思いつきました。ちょうど私たちの中学校の掲示板に弁論大会の案内が掲示されました。弁論大会の出場条件として原稿を提出するという難関を突破しなければなりませんでした。弁論大会当日に話す原稿を提出し、それに合格した者だけが、講堂の壇上に立つことができ、弁士として自分の思いを述べることができるのです。毎日遅くまで寝床の中で、構想を練りました。ようやく「余暇の善用」とタイトルを決め、原稿を書き始めました。まるでアナウンサーにでもなった心地で原稿を書いたものです。 原稿を提出し、合否を待ちました。 家族の誰かに知らせるとか相談を持ちかけるでもなく、恥ずかしさを押しての単独行為に出たのです。 中学一年生の私は小さな胸を痛め、今日か明日かと合格通知を手にする機会を待ちました。結果は合格! やったあ! 一人で飛び上がりました。 

早速、練習に取り掛かりその日を迎えました。手に汗する思いでした。当日、私は中学三年生の生徒会会長の弁士ぶりに圧倒されました。彼が強調した赤十字創設者アンリ=デュナン(1828-1910)の生き方や在り方に感動したものです。青春の門口に立ち、正義感にあふれていた当時の若者たち! 人類愛の崇高さを物語った時の先輩の弁士振りは本当に圧巻でした。演台を思いっきり数回たたくのです。 本当に感動しました。 私もここぞと思うところを決め、演台を一度だけたたきました。その時を思い出すごとに可笑しさがこみ上げてきます。

新学年度をスタートした学生に出会うごとに、「ガンバレ」とエールを送りたくなります。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
届いた1通のメール
復活祭も2週目を迎えました。 つい先日、弟から1通のメールを受信しました。

Happy Easter ! ( 主のご復活、おめでとうございます ) の挨拶でした。

私たち家族は毎年、両親や兄弟姉妹へのクリスマス・新年・復活祭の挨拶を欠かすことなく交わしてきました。 両親はこれを家訓として私たちに伝えました。これも家族の絆が保たれるひとつの要因であったかと思われてなりません。 もし、この挨拶が届かなければ、「みんな神の中で生活しているのだろうか、あるいは、彼に、彼女に何かあったのだろうか」と心配するのです。 この伝統は私たち家族の間で今もって綿綿と引き継がれています。 

話しは戻りますが、Happy Easterの メールの中で弟は聖金曜日に教会で体験した感動を分かち合ってくれました。その体験を感動できる彼の感性をうれしく思い、イースターの大きな贈り物として感謝しました。

「聖金曜日、十字架崇拝の時に、ある外国の夫婦がいっしょに十字架に
手を添えて頭を下げていました。美しい姿でした」。

これと類似した光景をこれまで、韓国・ローマ・アメリカそして日本でも数多く見て来ました。 この夫婦と心を合わせ、ともにイエスのご受難を心に刻み、イエスのみ跡を慕いながら、日々直面する大小の聖金曜日に身をかがめて臨めますよう祈りに祈りを重ねます。

自分の季節になると、冬の眠りから目覚め、たった2週間ほどの命をひとすじの気持ちで咲き続ける桜、そして今はその美しさを誇示することなく、青葉の準備にいそしむ桜木と、十字架に手を添え、頭を深々と下げキリストに祈る夫婦の姿が心に残る恵みの春を感謝の心で歌います。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
雪柳に魅せられて
雪柳が咲く頃はいつでも、小学三年生の時の記憶が感謝のうちに蘇ってきます。

新しい季節を迎えるごとに記憶の宝石箱からたくさんの出来事がこぼれ落ちてくるのを感じ幸せが広がってきます。それだけ年を重ねたせいでしょうか。

雪柳にまつわる出来事を分かち合いましょう。それは私の初聖体についてです。準備に余念のない姉と私。今も母親のように兄弟妹を温かく包んでくれる姉は私の人生と深く関わってくれています。初聖体(  First Communion )は カトリック教徒として貴重な出来事の一つです。 生まれて初めて聖体を拝領する私を励まし、教理その他、準備の段階から長期にわたって姉が沢山のことを教えてくれました。 彼女は私たち兄弟妹の相談相手であり、励ましと勇気そして祈りを絶え間なく送ってくれる魂の「師」でもあります。

初聖体当日、後方に大きなリボンのある純白のワンピースに身を包んだ私は、もう一人の友人と席に着きました。後でわかったのですが雪柳の花冠をドイツ人の神父様が作ってくださり、戦後の物資に事欠く時期でしたけれども高価なチュールのベールもプレゼントしてくださいました。 このベールを被り、その上に雪柳の花冠をつけた私は姫君! 今も当日の喜びが記憶から薄れることなく年を重ねるにつれ強烈な感動をもって私の魂にせまってきます。

聖なるミサのクライマックスである聖体拝領が始まります。両手を合わせ緊張しながらイエスをいただき席に戻る私を素敵な新婚の若奥様が「まるでイエスの花嫁さん」とささやいているのを耳にしました。 また、ミサが終了し、信者の皆さんが「おめでとう」の言葉を連発するのを聴きました。 この出来事が小さな少女の魂に刻まれ、生涯、「私はイエスの花嫁さん」と決心する大切な動機づけを与えてくれたのでした。私にとって「イエスの花嫁さん」と言う言葉は青春を豊かにし、往く道を照らす灯となりました。 言葉はそれほどまでに人を揺り動かす大きなエネルギーとなるのを感じ、ひと言の意味の重さと責任を感じます。今も雪柳はイエスと私を結びつける大切な聖なる花として位置つけられています。

自分が今あるのは、愛する家族の絆と優しさ、修道家族そして信徒の皆さんの励ましです。

イエスと雪柳に乾杯!                
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
春の訪れ
 雪国の北陸に育った私は冬が大好きです。
それと同時に春の訪れを待ちわびていた幼い頃が懐かしく思い出されます。

 3月ともなれば大地は長い冬の眠りからようやく目覚め、春が近いと告げてくれます。大地の変化をいろいろな形で子供たちに教えてくれる3月!

 雪解けの3月下旬、まだ小学生だった私は授業を終え家路につく道すがら、道草をして色々な雪景色を見るのが楽しみでした。特に、いつもの道を通らず、遠まわりをするのです。数人の友達とその方法を比べあうのも楽しみの一つでした。ある時、田んぼの真ん中を歩きながら、ところどころに雪解けの風景を見つけたときは本当にうれしいものでした。12月下旬〜3月下旬まで土を見ないのですから。

また、私たちは田んぼの真ん中で太陽を思いっきり真正面から受け、十字形に寝そべったりしました。好きなだけ大きな理想の家を作ったりし、ままごとが始まります。想像力を駆使しての自慢の家を友達に披露するのです。いつしか雪焼けで真っ黒になりました。

 ある時は、雪の下からのぞかせる大地のぬくもり、少しずつ黒々とした土の中から暖かい湯気のようなものが立ち上がってくるのを見ました。「今度は私たちが大地をあたためるのよ」と語っているように思えました。

 まだ汚染されていない大地は芹(せり)やタニシが生息するのどかな田園風景を私たちに与えてくれました。本当に楽しい素朴な子供時代だったと思います。童謡はそのまま生活の一部のようでした。雪の下から黒々した大地が春の到来を告げるのです。3月下旬は大地が春めきます。春に期待が膨らむ今日この頃「春よ、来い、早く来い」と口ずさむ自分に微笑みかけました。

 中世の大詩人アシジの聖フランシスコは「太陽の賛歌」の中で自然をわが兄弟姉妹と呼びかけました。地球の汚染で危機にさらされている自然と共存し、尊敬することの大切さをローマ教皇フランシスコは回勅「ラウダート・シー」の中で訴えられます。全人類の共通財産である地球に聴き、自然を大切に保ちたいものです。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)