シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
つぶらな瞳
 10月下旬の土曜日の朝、サンダバード号に乗車しました。

 朝日がまぶしいほどの秋晴れです。自由席の5号車に乗り込んだのですが予想に反して車内は混雑していました。 立っている方も多くいました。やわらかい秋の日差しを受け約1時間半、時には車内で立ったまま秋景色を楽しむのも悪くないと思い、目的地まで立ち席で行くことに決めました。

 ちょうど私が立っていた近くの座席には若夫婦と可愛い5歳ほどの男の子、そして生後6か月ほどの坊やが座っていました。小さい坊やが若いお父さんに抱かれ無心に微笑んでいます。「本当に幸せ!」といった感じです。あまりのあどけなさに自然に笑みがこぼれます。この赤ちゃんに魅せられ彼と目が合いました。その時です。若いお父さんが「どうぞ」と言って坊やを抱き上げ、私にその席を譲ってくださったのでした。感謝してその席に着きました。

 実を言いますとこの幸せな団欒の雰囲気を壊さないように、その場からそっと離れようとしていた矢先、この「どうぞ」の一言に心が和んだのは言うまでもありません。若いパパとママの心の姿勢に感動しました。 久しぶりに見る一家団欒の光景!自然に無心な赤ちゃんの笑顔に引き込まれ、許可を得てカメラのシャッターを切りました。子供たちの自然な表情には命の輝きが見られ、多くの年輪を重ねてきた私には彼がまぶしく輝いて見えました。

 ふと子供を祝福するイエスの温かい視線を感じました。「神の国はこのような者たちのものである。……子供のように神の国を受け入れる人でなければ決してそこに入ることはできない。」
(ルカ18:17−18)

 あのつぶらな瞳が曇らないように私たち大人は未来を担う子供たちのために物的、精神的遺産をどのように準備しているでしょうか。若いあのパパとママが描く夢を子供たちが享受できますようにと祈りながら若夫婦一家に別れを告げました。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
どうぞ
 2週間に一度の割合で土曜日の朝、腰の治療のため京都駅付近まで出かけています。

 プラットホームから地上にあがるまでのほんの短い間のことですが、最近体験したことが今も心に残っており心に安らぎを覚えます。

 普段、京都駅に到着しますとエスカレーターにごく近い昇降口から下車することを念頭に松ヶ崎から乗車することにしています。そうしなければ人ごみに揉まれ、なかなかエスカレーターにたどり着けないことを何度も経験しました。アヴァンティ方面まで行くのですが、京都駅は海外からのお客様で賑わい混雑しています。特にエスカレーターに乗る人々と電車を待つ人々が錯綜し大変なのです。

 いつもはそれなりにエスカレーターにたどりつけるのですが、この日は何故か人混みが多くてエスカレーターに乗るのに難儀しました。その時です。心に響く「どうぞ」の一声がエスカレーターの手前で聞こえました。地上に上る間のほんの短い間のことでした。声のした方向に向かって軽く会釈をし、エスカレーターに乗りました。この「どうぞ」の声に深みと温かさを感じ私はとても幸せになりました。エスカレーターに乗っている間じゅうその方のことが気になり、降りてすぐ私は振り向きました。何と海外からの若い青年でした。瞬間的に目と目が合い心に平和が感じられました。ほんの数秒の出来事でしたのに人の心を揺り動かす深みのある笑顔、声としぐさでした。 

 あの「どうぞ」の一言に互いを生かす貴重なコミュニケションが交わされていたのでした。この一言を人は求めているのではと一日中考えました。世を明るく住みやすいものにするのは大層なことの中にあるのではなく、ごく日常的な人の心の優しさと善意の中にあり、それを人々が気づくかどうかにかかっているのではないかと思いました。 互いに生きがいを感じさせてくれるほんの小さな事柄を「今日」、「今」、「ここで」私も実行しようと自分に言い聞かせたものです。私はその方に笑顔で感謝を伝え、目礼しました。彼の京都での旅の安全と快適な旅を祈りました。いつしか腰の痛みも和らいだような心身の軽やかさを感じたのは言うまでもありません。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
エスコート
高校生だったころ、父から「話があるからそこに座りなさい」と言われました。
めったにそのようなことがなかったので、心を落ち着かせ父の話しに耳を傾けました。

父は「もうあの大学生と付き合ってはいけない。」と私に話しました。驚いた私は「父さん、どうしてですか? 彼はまじめな青年、教会でいつも勉強を教えてくれ、仲間と色んなことを彼から教わっているの。そしてとても親切で楽しい。」それでも父は「いけません」と譲らないのです。

父はその理由をゆっくり説明してくれました。ある時、私が彼と一緒に歩いているのを見かけたようです。「彼はお前に歩道の車道側を歩かせ、彼自身は内側を歩いていた」と言うことでした。「彼は高校生のお前に対する配慮が足りない。先輩としてお前をエスコート(相手を守り気遣う・あるいは護衛する)しなければならない」ということでした。父はいつでもお年寄りの方や母そして子供たちを気遣ってくれました。

そのころ、私は両親の細やかな心遣いに気づいていない小生意気な高校生でした。久方ぶりに「エスコート」がきっかけとなって沢山のことを父から学ぶことができました。そのような父がまぶしくさえ感じられたものです。そして、そこまで娘の私を心にかけてくれていたのかと思うと、そのことがうれしく父に対する尊敬と感謝の思いが膨らんできました。しかし、そのことが理解できるようになったのは人生のいくつもの坂を越えてからこのことです。

夏になれば父が教えてくれた「エスコート」の意味が懐かしく思い出されます。出会う方々に父から学んだこの心遣いを大切にし、実践したいと思う今日この頃です。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
お持ちしましょうか
年を重ねるにつれ、遠出する時は、できるだけ荷物をコンパクトにしたいと思うようになってきました。

7月下旬のことです。前日は夜遅くまで、仕事に追われていました。東京行きの準備がまだできていません。翌朝、スーツケースに必要品を詰め込みました。できるだけ「最小限度に」を目標に筆記用具と聖書、衣類そして常備薬を入れ、駅に向かいました。切符を購入し、新幹線に飛びこんだのです。車内で一呼吸し、ようやく我に返った感じでした。「今、私は何をしているのだろう」と自問し、朝食を取り始めました。昨晩のことどもがしきりに思い出されます。車内での約2時間半、年に一度の大切な自己省察と神との出会いを求め、黙想に入る準備に取り掛かりました。気が付いたら東京駅到着のアナウンスが入ってきました。                           

山手線のプラットホームへ向かおうと駅構内で案内掲示を探しました。すぐに見つかりましたが、その瞬間、最小限にまとめたはずのスーツケースが殊のほか重く感じられ、階段を上るのがためらわれました。「どうしょう」と不安に駆られその場に立ちすくみました。後ろから、「お持ちしましょうか。」と青年が駆け寄ってきました。あの時の「お持ちしましょうか。」の一言が私には大きな救いでした。スーツケースを軽やかに運ぶ彼の後を追いました。彼は私を気遣い,歩調を緩めてくれています。「神様、本当にありがとうございます。あなたは私に天使を送ってくださいましたね。」少しばかり涙ぐんでいました。

階段を昇りつめたその時です。優しい笑顔が私の視野に入ってきました。品の良い女性が笑顔で彼を待っていたのです。私は彼に感謝を述べ、彼女にも「お待ちになったでしょう。有難うございました。」と言葉をかけました。最後にあの若いカップルに「お幸せにね」と私の思いを込めてお礼を言い、山手線に乗車しました。

京都に戻った今も、あの若いカップルの温かさが幾度となく思い返されます。彼ら二人が幸せを運んでくれたのです。彼と彼女の心使いを心からうれしく思いました。ごく日常的な事柄の中にたくさんの幸せがあることをあの若いカップルが教えてくれました。

彼らに神の祝福と幸せを!
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
京の和菓子  「 水無月みなづき 」
暑さのせいでしょうか、ふと、京の和菓子「みなづき」が恋しくなりました。

私どもの修道院では食事担当のシスターがいつも季節の諸行事に心を配り、それに合わせて私たちの食卓を豊かに、楽しいものにしてくれています。夕食が始まって間もなく、「みなづき」が話題に上りました。一人のシスターが「6月30日ね」と話題を続け、それをきっかけに季節ごとの食文化へと話がどんどん広がってゆきました。

京都に住んで初めてみなづきに出会った時の驚きを忘れられません。お客様が来られた時、ガラスに盛られた「みなづき」は見た目に上品で美しく、白磁の茶碗に注がれたグリーンの茶とみなづきの抑えられた味は絶妙でした。さすが京都と感心しながら味わったものです。

この「みなづき」はその昔、貴族たちが暑さを凌ごうとして氷室から氷を取り寄せ、それを口にしていたようです。しかし、庶民の手に高価な氷は届くはずもありません。それでも彼らは涼しさを求め、氷になぞらえた和菓子を作りだしました。それが「みなづき」なのだと古参のシスターが教えてくれました。

みなづきは外郎(ういろう)の上に甘く煮た小豆を盛り付けたものです。人々は三角形に切った外郎(ういろう)を氷と見立てたのです。庶民の生活を振り返って見ますと、彼らなりの楽しみ方が多々あり、知恵に満ちていて、逞しさや遊び心が伝わってくるようです。また、その昔、小豆の赤は悪魔祓い、厄除けの意味を表現していたのです。残された半年を患うことなく元気に過ごせますようにとの庶民のささやかな願いと祈りが込められているみなづきに感謝!

「みなづき」の話に夢中になっている間に、夕食の時間はほぼ終わりに近づきました。食事担当のシスター、いつもおいしい食事を感謝します。みなづきを楽しみにしています。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)