シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
誕生日 Part 3
11月をカトリック教会では「死者の月」と定めています。

11月1日、この日は諸聖人の祝祭日と称し、全世界の教会は、全ての聖人と殉教者を称え感謝を捧げます。そして11月2日、亡くなった人々のため全世界の津々浦々(つつうらうら)にある教会は、すでに天に召された人々を偲び永遠の安息を祈ります。この日にとどまらず聖なるミサの中や食後にも、私たちに先立って逝かれた人々を記憶するのです。

ちょうどローマにおりました頃(2011−2016)のことですが、11月1日は諸聖人祭で公休日です。この日、私どものシスター方とバチカンのカンポ・サント(聖なる地=墓地)を訪れました。このカンポ・サントには数名のノートルダム会員が眠っています。前日、ローソクとお花とマッチを準備しました。死者のために祈るのは何処も同じで、厳粛な気持ちになります。カンポ・サントで祈った後、それぞれの墓石を見て回りました。それを見ていますと、彼らの生活や人間関係が感じられ微笑ましくなります。祖国を離れ異国の地に眠る人々のことが身近に感じられ、時空を超えていっそう深く彼らのために祈りたくなります。ずいぶん昔からこの地は墓地として利用され、貧しい人々の永眠の地でした。

ローマ在住のあいだ、11月1日にかかわらず 私は、しばしばこのカンポ・サントを訪問し祈りました。カンポ・サントとバチカンは目と鼻の先にあります。教皇との祈りの時間に遅刻しないようバチカン広場に向かいました。まもなく教皇の二階の自室が開かれます。全世界からの旅人も含め、人々の視線が二階に集中します。「ヴィヴァーバーパ!」と連呼し、愛を表現します。広場の人々の表情はとても穏やかで平和そのものです。祈りと慈父の心をもって教皇は私たちに祝福を送られました。

生と死は背中合わせと申しますが、私は11月1日の諸聖人祭と11月2日の死者の記念日を特に感謝と尊敬をもって迎えています。この世の生を終え、新しい命へと旅立つ第二の誕生日とこの2日間を思い、いつか迎えるこの日を、愛をこめて受け入れることができますよう願っています。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)