シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
「与作」
「与作」
  今年1月下旬から1カ月の入院をとおして学んだことの1つは、歌を歌い、聞くことの楽しさと歌の持つ力です。入院中のある日曜日の午後、小さな携帯ラジオのスイッチを入れると、ジェロさんが「与作」を歌うというのです。歌のなかのパーカッションもカラスの声もすべてジェロさんが自分の声で表現しているすばらしい「与作」に感動しました。
  実は、何十年も前に「与作」を聴いたことがあります。私は売布の黙想の家にいく電車の中でした。途中の駅から2人がけの私の隣の席に、小学校2年生ぐらいの男の子がすわりました。そして、どうも私の気を引きたいらしく、私にみえるように自分の胸に大きく孤を描いて十字をきるのです。次には紙を出して教会の絵を描きます。とうとう「教会に行っているの」と声をかけずにはいられなかった私に、彼はりっぱな鳥の絵もかいてくれ、「歌を歌ってあげる。」といって、「与作」を歌い始めました。車中は、思いがけなく静まり返って、余情を込めて、朗々と響く彼の歌声に聞きほれたようで、最後には拍手さえ湧きおこったのです。
  すぐ、彼が下車する駅がきて、私がお菓子をあげようとすると、「お気持ちだけで結構です。」といって、降りていきました。今思えば、彼は歌手になるレッスンの帰りだったのかも知れません。今、大勢の人々に喜びと力を与えている歌手の誰かが、彼かも知れないと思うのです。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)
地震
地震災害の報道を見る度に20年ほど前、テレビで見たイタリアの地震災害救出時の様子を思い出します。瓦礫の山の中に、埋まっている人を見つけたらしく救出隊の人が大きな声で言っていました。「おばあさん、今助け出すから待っていてね」と。すると瓦礫の山の中から返事がありました。「もういいよ、ここにいるよ。このままがいいよ」と。それを見ていた私達は思わず笑ってしまいました。きっと倒れた建物が作り出した空間に体が納まっていたのでしょう。激しく恐ろしい揺れを体験したおばあさんにとっては、また恐ろしい揺れを体験するかもしれない外、広々とした地上に出るよりその暗く狭い空間の方を安全と感じたのでしょう。それほど怖い体験だったのでしょうが。
新しい状況、未来に不安を感じ、現状の中に安住固執しようしようとする人間の姿をみたようにも感じました。他人事とは思えません。
恐れることはない、私はあなたと共にいる神。たじろぐな、私はあなたの神。
あなたを強めあなたを助け、私の右の手であなたを支える。旧約聖書イザヤ書41章10節

この神の言葉を信頼したいものです