シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
夕映え
夕映え

秋の夕焼けが 目に沁みるようになりました。
こういう季節になると思い出すことがあります。

ある時、職場で非常に屈辱的な体験をしたことがあります。

それを口にする事も出来ないほど傷つき、硬く凍ったような心のまま一週間ほど過ごしていたある日、一人の同僚に散歩に誘われました。

私達は小高い丘に登り、石に座って、ただ、黙って夕日を眺めていました。

そのうち、同僚は何も聞かず、ただ自分の事をポツポツと話し始めました。

静かに沈みゆく夕日を眺めながらそれを聞いているうちに、ゆっくりと心が温まっていき、凍ったようになっていた心と体が、徐々に蘇生していくのを感じました。

「わたし(主)は 乾いている地に水を注ぎ 乾いた土地に流れを与える」
 「 彼(主の僕イエス)は傷ついた葦を折らず、消えかかっている灯心を消すことがない」
旧約聖書 イザヤ書42章より
 

 
 あの、夕映えの中での同僚の優しさのおかげで、現在があるように感じています。

唯そばにいてくれるだけで癒され、力を得ることがあるようです。

「見よおとめが身ごもって男の子を生む。」その名はインマヌエルと呼ばれる。『インマヌエルつまり『神は我々と共におられると言う意味である。』とイエスさまの誕生に際して言われています、イエス様はわたしと共におられる神ということです。ありがたいことです。
シスターメリー・パトリシア久野 : comments (x) : trackback (x)