シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
年の初めに  Part 1 いのち
 全州市は李氏朝鮮(1392―1910)の発祥地であり、ビビンバでも有名なところです。この全州市はかつて私どもの韓国ミッションの地でした。今から20数年前になりますが、私たちはまだ修道院がなくアパートの一角に新修道院を開設しました。

 日当たりがよく風光明媚なこの地に次から次へと巨大なアパート群が林立しました。すぐに教会・学校・役所そして種々の店舗が立ち並び、湖城洞(ホソンドン)と呼ぶこの町は急速に発展してゆきました。私たちはこのような環境の中で民間レベルでの日韓両国の懸け橋としての役割を楽しんでおりました。

修道院は20階建ての18階に位置しており、春夏秋冬を問わず心地よい環境に恵まれていました。南側に面したベランダには蘭の鉢植えを幾つかおいてその蘭の世話を楽しんだものです。毎日せっせと水をやりました。2年近く経っても、いっこうに開花の気配が感じられないこの蘭をあきらめかけていました。「もうこの蘭は咲かない」と勝手に判断し、それを捨てようとしていた矢先のことです。


 幾つかの枝の間から可愛らしい蕾(つぼみ)が私の目に留まりました。この蘭を見限っていた自分の心の姿勢に恥ずかしさを憶えました。「誰も勝手に命を奪う権利は無い!」とのささやきを感じたのです。神にそして「自分の時」がようやく来て健気に咲こうとしている蘭に素直に謝りました。それ以後、私はどの命に対しても敏感になり、尊敬をもって接するよう心掛けています。この蘭(シンビジューム)は見事な開花を遂げました。日本に戻った今もその蘭は私の心に生きています。そして命の尊さを教えてくれたシンビジュームに感謝しています。

           ごらんよ、空の鳥、野の白百合よ、
         まきもせずつむぎもせずに安らかに生きる
             こんなに小さな命にでさえ
               心をかける父がいる
             カトリック典礼聖歌集 #391
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)