シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
花ばさみ
花ばさみ
  花ばさみを使おうとおもって、いつもしまってある机の引き出しを開けましたが、みあたりません。たしかに、2,3日まえに使った覚えがあります。修道院の庭に秋をつげて、楚々と咲き始めた白花シュウメイギクを切って、お客を迎えるために、客間に生けたのです。その客間も、ほかの心あたりのところもすべて調べたのですが、どこにも見当たりません。いよいよ最後の手段は、一緒に住んでいるシスターたちに、どこかで見かけなかったか、尋ねてみる以外にないとおもいはじめました。
  そして、私の部屋の椅子にすわって、ぼんやりとガラス戸の外をながめていました。小さなベランダと秋空を横にさえぎるベランダの手すりが陽にかがやいています。ふと、何か1つ、黒いものが、そこに載っているのに気がつきました。私の花ばさみでした。
  このベランダには1度でてみたのです。物事は少し離れて、視野をひろげて全体をみなければ、大切なものを見おとしてしまうのだと、あらためて学んだのでした。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)