シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
一枚の絵葉書との出会い 「聖金曜日」
ローマのノートルダム教育修道女会総本部におりました頃のことです。食堂のサイドテーブルには常時、各国からシスター方がお土産に持参したおいしいチョコレートやキャンディそしてナッツ類が置かれていました。

毎日11時ごろ、シスター方とおやつを楽しんで、ちょうど会話が盛り上がってきた時のことです。 何気なく一枚の地味な絵葉書が目に留まり、それを手にしました。その後もおやつを楽しみながら、その絵ハガキを読んではそっとテーブルに戻し、数回それを繰り返しました。しかし、日本に戻る日が近づくにつれ、戻した絵葉書のことが気になり、もう一度それを手にしました。今回はその詩と本当に向き合ったのでした。とても大切なメッセージが私に語りかけているのに気付きました。私自身の人生がこの詩に凝縮されているように思われたのです。

この英語の詩の絵葉書を原文のまま皆様と分かち合いたいと思います。「詩」の味わいはその人の生い立ちや人生経験によっても多種多様だと思うからです。また、文化的背景によっても異なった受け止め方ができ、詩の意味、内容をその人独自のセンスで理解することが出来ると思います。

  
                Weaver God,
               We come to you,
           Or more the truthーーyou come to us,
            Disconnected and out of sorts.
            Out of our pain, you weave joy,-
         Out of our Good Fridays, you weave Easters,ー
        Out of strands, you weave a fabric, a tapestry,-   
            Out of parts, you weave a whole.

               By Janet Schaffran,CDP
                and Pat kosak,CSJ        
               

私たちの魂の師イエスは自らこの聖金曜日を生き、神のご意思を果たされました。人生を振り返れば誰しも、たくさんの聖金曜日を体験します。この聖金曜日を忍耐・勇気・信頼・希望をもって生きぬいたものだけが、人生の復活の喜びや幸せを深く味わうことができるのでしょう。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)