シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
責任
責 任
  3月下旬に、セントルイスでの会議に出席するため、関空を発って、ロサンジェルスの空港にきていました。ゲートで5時間待ち、セントルイス行きの飛行機に乗り継ぐことになっていたのです。体調の関係から車いすをお願いして、ゲートまで案内していただき、搭乗の時に、また来てくださることになっていました。
  本を読んだり、思いがけない出会いをよろこんだりしながら、大勢のひとびとがゲートにあふれ、やがて搭乗口から去ってゆくさまを、まるで潮の満ち引きのようだと感じているうちに、どうもあたりの様子がおかしいと気づきました。だれもいなくなったゲートに私一人が取り残されていたのです。近くの小さなオフィスに行って、私が乗り継ぐはずの飛行機は、ゲートを変えて、すでに飛び立った後だとわかりました。私はゲート変更も知らず、約束の車いすも迎えに来なかったのです。それからさらに5時間待って、東海岸ちかくの州にあるというシャーロット空港を迂回して、翌朝セントルイスに着くことになりました。
  広大な夜の空に、アメリカ大陸を横断する飛行機の中で、絶え間なく変化してゆく、計り知れない大きな枠組みのなかに、自分はいるのだと感じました。今回、放送がなくても、車いすが来なくても、私はもっと注意深くあることができたでしょう。うまく表現できませんが、神に信頼しながら、もっと前向きであることが、この大きな枠組みの中で生きている自分自身にたいする自分の誠実さ、責任なのだと学んだのでした。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)