シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
愛は一つ
愛は一つ
  3月20日、乗りつぎの飛行機をのがしてしまった私は、東海岸の州にあるシャーロット空港まわりでセントルイスへ行くことになり、別のゲートにうつり、搭乗までさらに5時間まつことになりました。人のまばらな新しいゲートの私のまえの椅子に、中国人らしい中年の女性がいて、私の国籍をききたそうです。「Japanese」というと、すこし残念そうでしたが、人差し指と親指のあいだをせまくして「English, little」といいながらも、自分のとなりの椅子の方が座りやすいから移るほうがよいとわからせてくれました。
  親せきや友人との会話をスマートホーンでたのしんでいた彼女が私に、「夕食をたべたか」とたずねます。まだだというと、「どこでたべるか」とたずねます。私は「ここで」といいました。「チキンをたべますか」「ヌードゥルはどうですか」というので、私は「いいですね」答えました。どこかへ行った彼女は、帰ってきて、自分のスーツケースを私の隣の空いた椅子にねかせ、紙ナプキンをしき、チキンとヌードゥルにナイフとフォークをそえ、飲みものもおきました。自分は満腹だからと、またスマートホーンでの会話にもどった彼女のそばで、私は彼女の心づくしの夕食をおいしくいただき、車いすへのチップのための両替までしてもらったのです。
  「あなたは私のお母さんのようです」と私がいうと、「あなたが私のお母さんです」と彼女は答えました。愛には仕切りはない。愛は一つなのだと私は悟らせていただいたのです。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)