シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
紫陽花との出会い
多感な高校生の頃、紫陽花(あじさい)との出会いに何故か心がときめきました。

梅雨に入って間もない土曜日の昼下がり、友人宅に遊びに行きました。しゃれた玄関脇の中庭に無造作に咲いている紫陽花が心地良さそうに雨露に濡れています。あの風情は今も私をはっとさせるほど幻想的で、青・紫・白そしてピンクと多彩な紫陽花が陽光を浴び、幾重にも色を変えていくのです。その姿はまさに青と紫の競演とでも言えそうでした。この紫陽花が私を夢の世界へと導いてくれ、雨多い6月を好きな季節へと変えてくれたのでした。

紫陽花は好きな花のひとつではありましたが、外観の楚々とした佇まいだけを味わい、原産地やその性質・種類等の知識は皆無でした。最近読んだ紫陽花についての説明によりますと、日本の紫陽花は土壌が弱酸性であるため、青や青紫色になることが多いということ、一方、ヨーロッパなどでは雨が少なく土壌がアルカリ性のため、濃いピンクになるということです。

自分の行動範囲が広くなるにつれ、多種多様な紫陽花との出会いも多くなり、この花がますます好きになりました。この紫陽花が私に大切な一つのことを気づかせてくれました。それは、日常生活の中で案外知っているつもりで知らないこと、事物や自然、そして最も大切な人との関係さえ、充分、向き合っていなっかたということです。

「紫陽花さん、いろいろ気づかせてくれて有難う!」
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)