シスターの散歩道

このブログはノートルダム修道女会のシスターが日々の気付きを綴るブログです。
誕生日 Part 2
誕生日 Part 2

朝の祈りをしている私たちの居間に、ワカメスープの匂いがプーンと漂ってきました。もうすぐ叔父・叔母そしていとこたちが祝いのためにやって来るのです。

今日は父の誕生日。 母は白いエプロンを着け、朝餉(あさげ)の準備中です。韓国では、誕生日は貧富の差を越え、ワカメスープを食べ、両親や家族のみんなに感謝する習慣があります。ワカメは栄養価が高く、妊産婦や授乳期にあるお母さん方が食べると良いとされています。また、子供の成長や健康を願ってワカメは食卓の主賓となります。友人たちも開口一番「ワカメスープを食べたの」と質問し、誕生日を祝ってくれます。

祖母亡き後、惣領息子である父が我が家のリーダーです。母は惣領嫁として家族の伝統を大切に守ってきました。私たち家族はそのような母が大好きで深く尊敬していました。嫁としての母の務めは多々あり、親戚や近所の人々にあたたかく接し、家族全体をまとめる大役を担っています。彼女は特に、祖母と父の誕生日を大事にしておりました。子供ながらにそれぞれに対する母の心遣いや配慮に感嘆し、それと同時に「大変だ」と思っていました。密かに母にエールを送りもしたものです。お正月や家族の大切な行事には、必ずみんなが本家に集まり互いの安否を気遣うのです。

我が家では、今も誕生日はとても大切にされています。大家族の一員として育った私たち兄弟姉妹はそれぞれの誕生日を心に留め、愛を分ちあい、電話やカードを送って感謝の気持ちを伝えあって来ました。母亡き後、惣領娘の姉が私たち弟妹一人ひとりの誕生日に赤飯やおはぎをつくり祝ってくれています。命を与えてくださった神と両親そして兄弟姉妹相互の絆が深まるのもこの誕生日に起因するのでしょう。

いつしか、「今日こそ神が造られた日、喜び歌え、この日をともに。」の詩篇を口ずさんでいました。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)
ミルクウィード(milkweed)
ミルクウィード(milkweed)
  今年8月、金祝の行事のために、アメリカ、セントルイスの修道院で2週間、すごしました。ある日、1人のアメリカ人の友人が、モナーク(Monarch)蝶のために、自分の家で育て、友人にも分けようとしているミルクウィードの苗床を見せてくれました。
  そして、思いがけなく、「バタフライハウス」でビデオをみる機会もあって、いつかテレビで見たメキシコの森林地帯の木々を覆っていた無数の蝶が、モナーク蝶(オオカバマダラ)だとしりました。オレンジ色の地に黒点をもつ、開帳10センチにもなる美しい北米原産の蝶で、4代目の個体だけが秋にメキシコへ大移動して、このように越冬し、春に戻って来て、北米に17種もある食草のミルクウィードに卵を産んで命を終えるという不思議な習性の蝶だとしりました。近年、草原がすくなくなり、この蝶の食草が減ったせいか、絶滅が危惧されているのです。
  帰国して、辞書から、ミルクウィードとは「ガガイモ」、茎をおると白い汁がでることから、この名があるとわかりました。若いころ通勤の道で、つる性の「ガガイモ」を見、実を摘んだことを思いだしました。サヤ状の実の中に絹糸のような糸がつまっていて、以前は印肉の素材として使われたと、私の絵の先生が話してくれたのでした。
  金祝のお祝いにいただいた来年のカレンダーの表紙のデザインが、ちょうど、種のついたこの「ガガイモ」の繊細な糸です。これからの1年、自然の奥深さ、自然と人との関わりの深さ、人と人との関係のなつかしさに心を留めたいと思います。
シスタールース森 : comments (x) : trackback (x)
誕生日 Part 1
第二次世界大戦の最中、私は650gの嬰児としてこの世に生を受けました。

当時25歳の母と父の超緊張した姿が幾重にも連想されます。ぐったりした母のそばで助産婦代わりに、私のへその緒を切った父はどんな思いだったでしょうか。余命いくばくも無い私の命を放棄することなく最後まで信じ、私の魂に愛を注ぎ続けてくれた両親に感謝しないではいられません。

思えば戦中の田舎、しかも突然、家で生まれた私を途方も無く心細くそれでも若い夫婦の「この子を生かす」との真剣な姿が今はほほえましく思われます。生後2日目に洗礼を受けることになった私をせめて神様の御前に行かせたいとの切ない両親の願いを神様は聞き届けて下さったのでしょう。私はこの世へと確かに招き入れられ、少しずつ元気をいただき成長してゆきました。

ちょうど3歳の頃だったと思います。風邪がようやく治りかけた私は、うれしくて部屋の中をキャーキャー言いながら飛び回っていたようです。喜んでいた矢先、大きなやかんに躓き、熱湯を下半身に浴びました。私の子守を引き受けていた祖母の驚きと嘆きが今も目に浮かぶようです。少し元気になった私を、顔をほころばせながら見ていた祖母の悲鳴と言葉にならない苦悩。中学生の頃、体に似合わず大きなかばんを背負い登下校する私に、祖母はよく声をかけ、いつも心にかけていたことを鮮明に思い出します。

私の成長にまつわるエピソードの数々を知る近所のおじさん、おばさんは「あの子がこんなに大きくなったとは」と言い、成人した私を喜んでくれました。幼い頃より「命に呼ばれた者にはその人固有の使命がある」とこれまでかたく信じてきました。

神様、命を有難う!本当に有難う! 朝な夕な今も尚、素直にそうささやいています。
シスタージョアンナ徐 : comments (x) : trackback (x)