ノートルダム教育修道女会   祈りの家告知版  (2017年7月3日更新)

     2017年度 第2回 女子青年信徒黙想会の報告


 

  
6月10日から11日にかけて、本年度 第二回目の召命黙想会を催しました。この度の参加者は2名でした。
 



講話の前にまず自己紹介と会の紹介を致します。今回は、米国で出版され、日本語にも翻訳された「100歳の美しい脳」について、Sr.ルースが紹介しました。
 



神父様の講話の今年のテーマは、「希望への道」で、サブテーマは―おことばのとおり、この身になりますように―でした。お告げを受けた時の、マリアの気持ちやその様子を祈りの中で味わうようにお話し下さいました。旧約聖書からは、アモスの、ひたすら神の思い通りに受け止められることを望みながらも、自分の願いを聴いて下さいと願う心と、マリアのおまかせの心を新たな気持ちで祈らせて頂きました。 
 



翌11日は午前中に第2講話をして頂き、イエスの愛の言葉を、ペトロとの会話などから広げ、祈りを深めて頂きました。
 
次回は、11月21日、22日に予定しております。どうぞ適当な若い女性にご紹介くださるようお願いいたします。

召命促進委員会

 

次回の黙想会
 
日時:2017年11月21日(土)〜22日(日)

テーマ:希望への道―おことばのとおり、この身になりますように―
場所:ノートルダム唐崎修道院
指導:山内十束 神父様
対象:独身女子青年信徒
費用:2,500円