シスターの散歩道

トップページ

「シスターの散歩道」へ、ようこそ!

散歩道で皆さんにお目にかかれてとてもうれしいです。「シスターの散歩道」は、私たちシスターが折々の思いや祈りを自由に分かち合うサイトです。現在10名のシスターがサイトを開いています。知っているシスターがある方、全く初めての方もおありでしょうが、ぜひお気軽にサイトをお訪ねください。感想などお送り下さる場合はメールフォームをご利用ください。


「シスターって誰?」と思われる方のために、自己紹介をいたしましょう。日本語では修道女と言います。カトリックの女性で、「清貧」「独身」「従順」の誓願を立て、共同生活をしながら共通の使命に取り組んでいます。私たち「ノートルダム教育修道女会」の使命は教育です。男子にも修道会があります。日本には女子修道会が100、男子修道会が47あってそれぞれの使命を果たしていますが、その中で教育を使命とする会は男女合わせて56です。


「ノートルダム教育修道女会」は1833年に南ドイツのバイエルンで始まり、現在世界の6大州に広がる35ヶ国で教育活動を展開しています。1948年、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス市よりノートルダムの修道女が来日し、京都に小学校から四年制大学までの学校法人ノートルダム女学院を設立しました。ネパールへは1983年に日本から修道女が派遣されノートルダムスクールを始めましたが、現在では幼稚園から短大までの学校になっています。国や文化の垣根を越えて交流し、学び合い助け合うことが本会の特徴でもあります。