ノートルダム教育修道女会 会員の使徒職紹介
                                           (2014年3月3日更新)
   変化を受け入れ、新しく再出発し、新しい場に人々を迎えて
      神様の限りない美しさと慈しみを伝えることのできる
         使徒的活動を、ノートルダム教育修道女会は続けています。
            わたしたちは、人々と共に神様への賛美を捧げます。


 
           教会使徒職での活動

 滋賀県大津市にある大津カトリック教会と、教会に付属する聖母幼稚園で、シスターアントネット近藤が「共同宣教司牧 協力修道者」として、使徒的活動を初めてから、8年になります。

  その内容をご紹介しましょう

   2月22日金曜日 10時のごミサにあずかりました。この日のミサでは、祭壇を囲んで座りました。みんな互いに結ばれて一つになって祈る喜びを感じました。

 














  
11時から聖書勉強会が始まりました。「カトリック教会の教え」から、いろいろな問題について考え分かち合います。「教会はなぜ社会問題とかかわるのか」の項目を取り上げて分かち合会う皆さんでした。とても熱心に参加なさっていらっしゃることに感銘を受けました。

 12時なりますと、持ち寄りのものをテーブルに並べて、楽しいお食事会が始まります。

  家庭的な雰囲気の中で、おいしく頂きました。
 
 1時からは求道者の入門講座があって、シスターアントネットが担当しています。

 










 




    聖母幼稚園で

 

 週に一度、園児の保護者対象の聖書勉強会を開いています。




 日曜日のミサで読まれる聖書の箇所や詩編が記載されている「聖書と典礼」に引用されている聖書の箇所に目を通します。





 その後、聖書を開いて、読みを深めるのです。一人ひとりの心の中に神様の思いが伝わってくるのを体験するのです。時にはそこから出てきた考えをみんなに聞いていただいたり、質問を投げかけたりします。シスター近藤が説明してくださる言葉にも熱心に耳を傾けます。とても充実した時間が過ぎていきます。



 月に一度、シスター近藤は園児たちにも「神様のお話」をします。


   園児たちは目を輝かせて、シスターのお話に聴き入ります。



 神様のお恵みに包まれて、心豊かに成長していく子供たちです。

 シスターアントネット近藤の使徒的活動のご紹介でした。




 
機会がございましたら、お訪ねください。お待ちしています。











メニューへ戻る